脱毛装置は多様!自分に合った機器が選べる

医療レーザー脱毛装置の改良

レーザー脱毛って、始まってからまだ日が浅いんですよね。1998年ごろから日本で広まり始めたそうなんですが、まだ18年しか経ってないんですね。その間に日進月歩でレーザー装置の改良は進んできたようです。1990年代までは、電気針脱毛しかなかったわけなので、飛躍的な進歩とも言えそうです。電気針脱毛に比べて弱点はありますけどね。成長期の毛にしか残念ながら効果がないとか。でも電気脱毛に比べたら痛みも少なくなったし、費用は安いしとメリットは計り知れません。

レーザー装置は多様に

現在は、1つのクリニック内に何種類ものレーザー装置があって、初めに全部試してみて、自分に合いそうな装置を選ぶこともできるようになっています。クリニックも多種多様ですから、そうできないところもあるでしょうけど。選べるってことは、探せばもっといい装置があるんじゃないかという気になって、目移りもしそうですね。種類がたくさん出るほど、ますます工夫がなされて品質も良くなって、いいものが残っていくだろうと思いますね。

個人の毛質や肌質はまちまちだから

レーザー脱毛では、毛にレーザー光を照射するために、どうしても肌にもレーザーを当てることになってしまいます。毛の質も肌の質も人によりけりです。肌の日焼の程度でも影響はあるでしょうし、やはり各自に合わせてレーザー装置が選べるって望ましいことですね。そういう、選択肢の多いクリニックを選ぶというのもいいかもしれません。医療脱毛ではクーリングオフが適用されませんので、検討に検討を重ねて慎重に選びたいところです。

使用する備品を大量に仕入れたり、内装にお金をかけていない脱毛サロンは、料金が安いと言われています。お店にお金をかけていない分、お客さんに還元できるのです。