その美白ケアは間違っていませんか?しみのタイプを知って賢く美白

しみには種類があった!よくあるのは炎症性色素沈着

美白系の高価な美容液を購入したのに効果がなかった、そうした場合は、しみの種類を間違えて判断し、誤った対処法をしてしまったのかもしれませんね。まず、よくあるしみが、炎症性色素沈着です。傷やニキビが治った直後は、肌はまだ薄く茶色になっています。しばらくすれば消えていくものですが、この時期に紫外線を浴びたり、加齢で肌の代謝が弱っていたりすると、色素が沈着してしみになります。このタイプのしみを薄くするには、ビタミンC誘導体を含む化粧水が効果的です。

老人性色素斑ならレーザー治療

次によくあるしみは、老人性色素斑です。若かった頃に浴びた紫外線の影響で、頬骨の上など骨格の高い部分にできやすいタイプですね。40代、50代と歳を重ねるにつれて現れ、放っておくと徐々に濃くなります。初期の段階であればビタミンC誘導体の効果が期待できますが、ある程度進んでしまった場合には、レーザー治療でなければ消えにくいしみです。脂漏性角化症といって、イボ状に膨らんだ皮膚がほくろのように黒くなってくるしみもありますね。この場合もレーザー治療が効果的です。

肝斑にはトラネキサム酸が効果的

肝斑と呼ばれる眼の下にできるしみもありますよ。このタイプは左右対称にできるのが特徴で、女性ホルモンの変化などで発生します。このしみのケアには、市販されているトラネキサム酸の服用がおすすめです。さらに、花弁状色素斑といって、強烈に紫外線を浴びたことで生じるしみもあります。初期であれば、大量のビタミンCの摂取である程度緩和できます。しかしメラニンが真皮まで達してしまった場合は、レーザー治療が良いでしょう。

紫外線などによる皮膚の浅い部分のしみの治療は塗り薬や光治療で簡単に行えます。深い部分のしみは皮膚科で、数か月に渡ってレーザー治療で消します。紫外線の少ない秋から冬にかけて治療を行うのが最適です。