美肌になるために!ニキビ跡を治す3つの方法

健康な食事を心掛けよう!

人の細胞は、毎日新しく生まれ変わります。血液細胞では28日、筋肉細胞で60日骨で90日、そして胃で5日腸は1日というようにそれぞれの細胞によって、入れ替わる日数は異なってきます。そして肌細胞は28日で完全に入れ替わります。また細胞は摂取した栄養素から作られているのです。つまりニキビなどのトラブルが発生した場合、それは3か月前に食べた食事が原因と考えられるのですよ。という事は正しい食事を摂取する事で、3か月後には元気な細胞に生まれ変わるのです。

肌にはメカニズムがある!

肌は、真皮の奥から28日かけて新しい肌細胞を作っています。そのため、真皮の奥に内からと外から栄養素をしっかりと送る必要があるのです。ニキビが出来てしまうのは、皮脂に詰まった脂やアクネ菌が原因として考えられます。この脂やアクネ菌が発生しないように、正しい洗顔を心掛けて肌を清潔に保つのは当然重要な事ですが、もう一つそれらのアクネ菌に負けない元気な肌細胞を作る事も重要なポイントになります。肌には外からも内からもしっかりと栄養を送る事が大切なのです。

水分をこまめに飲む事

水分をこまめに摂取する事は、健康を維持するためにもとても重要です。その水分をただただ飲んでいても、肌の変化を感じ取りにくいため長続きしません。そこれおすすめの方法は、体の中の毒素を出すとイメージしながら水分をこまめに飲む事です。そうする事で気持ちにも変化が出て、よりスムーズに肌のターンオーバーを促す事が出来るのです。出す事をイメージするだけで、汗をしっかりとかいたり、トイレに定期的に行ったりするので、体が自然と水の流れを作る事になるのです。

ニキビは毛穴の奥まで炎症が生じているため、強引に毟り取ると深い部分までニキビ跡が残ってしまいます。ニキビが発生したら必ず医療機関で治療を受けることが美肌を保つための条件です。